「ウオッチフェイス」アプリ紹介!AppleWatchの文字盤を色々なジャンルの文字盤に変更できます。デザイン重視向きの方必見!

「ウオッチフェイス」アプリを紹介します。Apple Watchの文字盤を色々なジャンルの中から選ぶことができるアプリです。AppleWatch自体にも沢山の文字盤の種類がありますが「ウオッチフェイス」また少し違ったジャンルの文字盤が沢山あるので紹介します。

文字盤の紹介

色々なジャンルの文字盤が超たくさんあります。例えば「高級ブランド」「スポーツ系ブランド」「アニメ」「外車」「イラスト」「季節の写真」などあります。デザイン重視の文字盤を探している方むけのアプリです。

たくさんある中のほんの、一部です。

設定方法

簡単に設定できます。AppStoreでアプリをダウンロードします。

ここ↓からダウンロードできます。

「ウオッチフェイス」アプリをタップして立上げます。たくさんの文字盤が表示されます。上下左右にスワイプすると更に文字盤が表示されます。

好きな文字盤をタップします。

「このウオッチフェイスを追加」をタップします。

「文字盤作成」をタップします。(表示がなかったら上にスクロールして探してください。)

「写真文字盤」か「万華鏡文字盤」をタップします。今回は「写真文字盤」をタップします。

次に「カラー」を選びます。カラー変更する場合は好きな色をタップします。今回は「エルダーベリー」をタップします。

次に「時刻の位置」を「上」か「下」か選びます。今回は「下」をタップします。

時刻の位置が下になりました。

次に「コンプリケーション」を設定します。「時間の上」と「時間の下」で2カ所に好きなアプリ・機能を設定できます。「時間の上」をタップします。

色々なアプリや機能が表示されます。今回は「PayPay」をタップします。

次に「時間の下」をタップします。

今回は「GoogleMaps」をタップします。

下記画像のように設定されました。

設定完了したら「追加」をタップし、アプリを閉じます。

AppleWatchを見てみると、先ほど追加した文字盤になっています。

超簡単に文字盤変更できます。しかも無料でできることが多いので、良かったら使ってみて下さい。最後まで読んで頂いて有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA