「キョリ測」アプリ!地図をタップし簡単に「距離」「時間」「消費カロリー」を測定!ジョギングコース作成や初めて行く場所の確認などに便利です。

「キョリ測」アプリを紹介します。地図をタップすると簡単に「距離」「時間」を測定できるアプリです。

移動方法で「徒歩」「ジョギング」「自転車」「車」のどれかを選択し、「性別」「年齢」「体重」を入力すれば、おおよその消費カロリーも自動計算できます。

更に、標高グラフでルート全体の高低差がわかり、3パターンのコースを入力することも出来ます。


アプリはここ↓からダウンロードできます。

Instagramのリール↓はここから見れます!

「キョリ測」アプリの使い方

1.はじめの設定

アプリをダウンロードしたら立上げます。

はじめに「表示設定」「計測設定」を行います。

表示設定

表示設定を行います。

画面右上にある歯車マーク(画像参照)をタップします。


左上の「表示設定」をタップします。

①~⑦まで設定をしていきます。(下記画像の青いところは有料枠なので今回は無しで進めていきます。)


距離測定モードを、画像①「中心点追加」画像②「なぞる」のどちらかを選びます。

画像①「中心点追加」を選ぶと、画面に「小さい+」マークが出てくるので、指で画面を動かして計測したい地点まで「小さい+」マークをもっていきます。出発地点から「小さい+」マークまでの直線距離を測ります。


計測したい距離が直線でなくても、直線を小刻みにつなげることで、測定できます。


画像②「なぞる」は、名前の通り、指で経路をなぞります。指でなぞると、どうしても真っ直ぐなぞれないので、中間地点がたくさん出てしまいます。

「中心点追加」の方は、中間地点が4箇所ですが、「なぞる」は中間地点が20弱くらい出てしまうので、「中心点追加」モードをお勧めします。(デフォルトは「中心点追加」になってます。)

      


画像③の「現在地」をONにすると、地図表示の時に右画像の矢印のところをタップすると、現在地に地図が移動します。

知らない場所に行った時など便利ですね。


画像④の「標高グラフ」をONにすると、地図表示画面の時に画像(1)のところをタップすると標高グラフ(画像(2))が表示されます。画像(3)の「✖️」マークをタップすると標高グラフが閉じます。


画像⑤の「経路切替タブ」をONにすると、地図表示画面の時、A・B・Cと3パターンの経路を表示することができます。

右画像のように「A」をタップし選択状態にすると、距離や消費カロリーは「A」の経路の詳細が表示されます。


「B」と「C」をそれぞれ選択した場合の画像です。


画像⑥の「ふきだし」が「ON」になっていると、距離が表示されます。(真ん中の画像)

「OFF」だと線の状態で表示されます。(画像右)


画像⑦「標高間隔」を設定できます。左画像の矢印のところをタップします。何種類か標高間隔が表示されるので、お好みでタップします。

これで「表示設定」は完了しました。次は「計測設定」をします。


計測設定

「計測設定」を入力するとカロリー計算ができます。

左画像の上部にある「計測設定」のタブをタップします。

右画像に移動します。「徒歩」「ジョギング」「自転車」「車」のどれかの移動方法をタップします。

今回は右画像①「徒歩」をタップします。

「徒歩」の隣(右画像②)をタップします。


下記画像①の中から、設定したい速度をタップします。速度を細かく設定したい場合は、画像②のスライドバーで調整します。


「性別」「年齢」「体重」をそれぞれタップして設定します。


左画像の「カロリー単位」をタップします。

右画像に移動します。お好みでカロリー単位をタップします。


右上の「閉じる」をタップします。これで、設定は完了です。


2.使い方

「表示設定」で、「中心点追加」モードと「なぞる」モードとありましたが、今回は「中心点追加」モードで説明します。(中心点追加モードのほうが、やりやすいと思います。)

「ホーム画面の左下にある「さがす」をタップします。


画像① 検索バーに、スポット名・駅名・住所などを入力します。

画像② 今回は「上野駅」と入力し、「検索」をタップします。

画像③ 候補が表示されます。当てはまるところをタップします。


上野駅周辺の地図が表示されます。

画面地図上を指でピンチイン(親指と人差し指でつまむような動作)、ピンチアウト(親指と人差し指を広げる操作)をして、お好みの場所を画面に表示させます。(画像①)

見やすいように大きめに表示させます。(画像②)


下記画像の経路を計測ます。


画像① 出発地点に「小さい+」マークがくるよう、指で画面を移動させます。

画像②  画像下部にある「大きい+」マークをタップします。出発点が設定されます。


出発地点が設定されました。


直線しか引けないので、曲り角手前まで「小さい+」マークを移動させます。(画像①)

画像の下部にある「大きい+」マークをタップすると線が引かれます。(画像②)


同じように、曲り角まで「小さい+」マークを移動させます。(画像①)

下部にある「大きい+」マークをタップして線を引いていきます。(画像②)


同じ作業を繰り返します。

下記画像が完成画像です。距離は864m、歩いて16分、消費カロリーは56calと表示されました。

左画像の矢印部分をタップすると標高グラフが表示されます。ルート全体の高低差がわかります。


「保存」と「呼び出し」

「保存」と「呼び出し」の説明をします。

「保存・共有」をタップします。「保存」「呼び出し」も、ここまで同じ作業です。


保存方法

「保存・共有する」をタップします。


①名前をつけます。今回は「上野散歩コース」と入力します。

②「保存」をタップします。

保存されました。


呼び出し方法

先ほど保存した「上野散歩コース」を呼び出します。

「保存した経路」をタップします。


「上野散歩コース」が表示されるので、タップします。


保存したコースを「削除」「編集」方法

左画像の「保存・共有」をタップします。

右画像の「保存した経路」をタップします。


①「編集」をタップします。

②「編集」と「消去」の表示が出てくるので、どちらか必要な方をタップします。


以上で説明は終わりです。

散歩コースや初めて行く場所など、距離と時間がわかると、すごく便利ですね。ほとんど無料で使えるので良かったらお試ししてください。

最後まで読んで頂きまして有難うございます。

他にもたくさん↓のアプリを紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA