「コピペ帳」アプリ紹介!よく入力する文章やアドレスをコピペ帳に登録。ウィジェットから素早くコピーできます。作業効率大幅UP!

「コピペ帳」アプリを紹介します。よく入力する定型文やメールアドレスなどを毎回入力するのは面倒ですよね。しかも間違えのもととなります。そんな問題を解消できるのが「コピペ帳」アプリです。このアプリは、フォルダ管理ができて見やすく、ウィジェットから素早くコピーできます。長い文章も連結コピー機能が付いているので楽にできちゃいます。しかもiCloud Drive経由で同期するので複数のApple製デバイス持ちの人には、特にお勧めです!

ウィジェット対応しているから、楽々コピペできます。

1. 入力方法

アプリをダウンロードしたら立上げます。

ここ↓からダウンロードできます。

「コピペ帳」アプリ

フォルダ管理をした方が見やすいのでフォルダを作成します。(無料枠はフォルダを2個まで使えます。800円で無制限のフォルダが使えるようになります。)「新規フォルダ」をタップします。

フォルダの名前を入力します。入力欄に「メイン」と既に入力されています。変更する場合は消去して、好きな名前を入力します。今回は「アドレス」と入力したら「保存」をタップします。

先ほど作ったフォルダ(アドレス)をタップします。

「新規メモ」をタップします。

タイトルを付ける場合は「タイトル追加」をタップします。

タイトル名を入力します。今回は「メインメール」と入力したら「改行」をタップします。

画面をタップすると、カーソルが表示されます。コピーしたい文章を入力します。今回は下記gmailアドレスを入力します。

下記画像のところをタップして、前画面に戻ります。

コピペで使いたいアドレスが登録されました。もうひとつ、別のアドレスを同じように登録します。(登録方法は一緒なので省略します。)

これで、2個のアドレスが登録されました。この状態でコピーしたい項目をタップするとコピーされます。試しに「メインメール」をタップします。

下記画像のようにコピーされました。あとは、貼り付けたい場所にペーストするだけです。

入力した項目を編集したい時は「編集」をタップします。

「移動」「削除」「編集」ができます。編集したいときは、下記画像のマークをタップします。

「移動」「削除」する時は、対象の項目にチェックを入れて「移動」もしくは「削除」をタップします。

2. ウィジェット設定

入力できたら「コピペ帳」アプリをウィジェットに設定します。ウィジェットに設定しておくと、実際にコピペする時に使いやすいです。ウィジェット設定方法を紹介します。

ホーム画面で、右にスワイプします。

下記画像のように「編集」が表示されたら、「編集」をタップします。

「カスタマイズ」をタップします。

「コピペ帳」の横にある「+」をタップします。

「コピペ帳」が上のほうに移動します。「完了」をタップします。

ウィジェットに追加されました。「完了」をタップします。

下記画像のようにフォルダをタップすると、コピー対象項目が表示されます。

この画面からも編集できます。編集する時は「Snippets」をタップするとアプリが起動します。

3. 連結してコピーする方法

複数のメモを選択し、連結してコピーすることができます。仕事でよく使う文章を入力しておくと便利な機能です。それでは、使い方を紹介します。

はじめに、よく使う文章を入力しておきます。(入力方法は一緒なので省略します。)「コピペ帳」のウィジェットを表示させます。「Snippets」をタップします。

「コピペ帳」アプリが起動します。(ウィジェットからでなく、ホーム画面にあるアイコンをタップしても同じです。)「仕事定型文」フォルダをタップします。

「連結コピー」をタップします。

コピーしたい文章をタップします。

タップした文章が連結され、画面上部に表示されます。

「コピー」をタップしたら、あとは貼り付けたい場所にペーストするだけです。

4. 各種設定

iCloudでメモが同期出来なかったり、アプリ内の課金購入などするときは「設定」をタップします。

この画面から設定や確認ができます。

5. 端末キーボード設定

コピペ帳をiPhoneやiPadの端末キーボードに追加して使うことが出来ます。めちゃくちゃ便利な機能なので見てください。(追加記事です)

説明は以上です。実際に使ってみて、めちゃくちゃ便利なアプリでした。パスワードやIDを登録しておくと入力間違えもなくスムーズに作業ができます。フォルダが2つまでは無料なので良かったらお試ししてください。最後まで読んで頂いて有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA