「断食タイマー」アプリ!「痩せたい」・「若返りたい」をプチ断食で叶えるための専用タイマーです!16時間断食でオートファジー効果を実感しよう!

「断食タイマー」アプリの紹介をします! SNSやYouTubeで話題になっている「16時間断食」をサポートするための無料アプリです。(断食時間は選べます。)

16時間断食はダイエット効果や若返り効果が期待できると言われています。体に良いことは理解できますが、毎日継続となると難しいですよね。忙しい毎日を過ごしていると、常に同じ時間に食べることが出来なかったりします。

そんな時「断食タイマー」があると、食事時間を管理してくれます。また「断食カレンダー」で記録をつけることができるのでモチベ―ションが持続します。

使い方は、とってもシンプルなので、誰でも利用できる無料アプリです。

アプリは、ここ↓からダウンロードできます。

「断食タイマー」アプリ

Instagramのリール動画↓はこちらか見れます!

16時間断食とは

1日の中で食事をとらない時間を16時間連続でつくり、残り8時間の間に食事を終わらせます。カロリー計算など難しいことは考えなくて大丈夫です。16時間断食をすることで、たくさんの体に良い効果を得ることができます!

効果①:胃腸や肝臓など臓器を休めることができます。消化・吸収・解毒機能が高まり、腸内環境も改善され身体全体のパフォーマンス向上が期待できます。

効果②:食べない時間が10時間を超えると、脂肪分解によって余分な脂肪が落ち、ダイエット効果が期待できます。

効果③:断食が16時間を超えるとオートファジーによって、古い細胞が生まれ変わり、老廃物が一掃され、肌のツヤ、髪のコシなど、アンチエイジングへの良い効果が期待できます。疲れの回復が早くなったり、病気にかかりにくくなったりと健康的な体を手に入れることができます。

(オートファジーとは、2016年に東京工業大学の大隈教授が発見しノーベル生理学・医学賞を受賞したことで有名です。細胞内を正常な状態に保つために、細胞内で不要となった物質を分解し、分解された老廃物をリサイクルして、生きるためのエネルギーを作りだすことを言います。)

16時間断食は体に良いことばかりなので、是非習慣化したいですね。

断食タイマーの使い方

アプリをダウンロードしたら立ち上げます。

画像①「時間断食」をタップします。

画像②断食時間をタップします。はじめは12時間から慣らしていくのも良いと思います。今回は16時間にチャレンジするので「16」をタップします。


「✖︎」をタップします。


①「断食をスタート」をタップします。

②現在時刻でスタートする場合は「はい」をタップします。今回は時刻を指定したいので「時刻指定へ」をタップします。


①今日の19時から断食を開始したので、開始時刻を選択します。(現在の時刻より前の時刻しか選択できないようになっています。)

②「完了」をタップします。


ホーム画面に戻ります。

画像①は、断食開始から「経過時間」が表示されます。

画像②は、「開始時刻」と「終了予定」の時刻が表示されます。残り時間も表示してくれるので、後どのくらいか、わかりやすいです。


断食から12時間経過したのでアプリをみてみます。

断食10時間過ぎから脂肪の燃焼が始まるので、「脂肪が燃焼中です!」と画面上部に表示されています。画面中央に燃焼マークが付いています。


断食してから16時間が経ちました。画面上部に「オートファジー状態です!」と表示されます。

断食を終了する場合は、「断食を終了」をタップします。


断食「開始時間」と「終了時間」が表示されるので、訂正がなければ「保存」をタップします。


断食後の体調はどうだったかのスタンプが3種類用意されています。お好みでタップしてください。


①一言メモを入力出来ます。青い四角内をタップしメモを入力します。

②「完了」をタップします。


「登録」をタップします。


「断食カレンダーへ」をタップします。


断食カレンダーに入力されました。タップした日付に入力した内容が下部に表示されます。


通知機能を設定します。

通知をONにしておくと、下記のとき音で教えてくれます。

「脂肪燃焼の開始時間」「オートファジーの開始時間」「断食終了の1時間前」「断食終了時間」

上記通知設定する場合は、

①「設定」をタップします。

②青い四角内にチェックを入れると、通知機能がONになります。


このアプリを使えば、プチ断食習慣が身につきそうです! 健康に良いので、良かったらお試ししてみてください。

最後まで読んで頂いて有難うございます。

他にもたくさんのアプリ↓を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA