「Good Notes5」最強ノートアプリ! iPadユーザーならマストアイテムになります! (#1基本編)

「Good Notes5」最強のノートアプリを紹介します。(iPadでも iPhoneでも使えて、同期もします!)

「GoodnNote5」は、紙と同じような書き心地で文字や絵を書くことが出来ますもちろんテキスト文字入力もできます。画像やスタンプ機能も用意されているので、見やすいノートを作ることができます。

また、PDFファイルを読み込んでノートに追加できたり、PDFの上から文字などを書き込んだりもできます。さらに、Good Note5アプリから直接カメラで紙の資料を読み込むこともできます。

ノートアプリですが、書類整理にも、すごく適しているアプリです!

たくさん機能がありますが、今回はノートとしての基本的な使い方を紹介します。

お値段は買切り¥980です。無料版もでています。

こちらから↓ダウンロードできます!

Good Notes5 アプリ

基本的な機能を紹介していきます!

1.ノートの読み込み方法

Appストアでアプリをダウンロードしたら、アプリを立ち上げます。

「+」をタップすると、メニューがでてくるので、「ノート」をタップします。


「表紙」をタップします。下にスクロールすると、色々なデザインがでてきます。好きなのをタップします。


「用紙」をタップします。下にスクロールすると、色々なタイプの用紙がでてきます。好きな用紙をタップしてください。今回は「白紙」を選択しました。


用紙のカラー、サイズを設定できます。下記画像のレ点をタップすると、メニュー表示が出てきます。好きな用紙のカラー、サイズをタップします。


下記画像のように、①〜③まで設定します。

①ノートのタイトルを入力します。今回はサンプルとしました。

②縦書き・横書き どちらか選択できます。

③言語が選べます。

①〜③まで設定できたら「作成」をタップします。


ノートがでてきます。


2.手書き文字・テキスト文字

2-1 手書き文字

Apple Pencilで手書き文字を書く時は、左から2番目の「ペン」アイコンをタップします。

もう一度、「ペン」アイコンをタップすると、ペンのスタイルメニューがでてきます。(画像①)「万年筆」「ボールペン」「筆ペン」の中から選べます。筆圧など、ちょっとした調整もここでできます。

色設定(画像②)は、丸い色マークが3個でてるので、どれか同じ色を2回タップすると色のメニュー表示がでてきます。ここで色設定ができます。

ペンの太さ設定(画像③)は、右端に3種類の棒みたいなアイコンがあるので、どれか同じものを2回タップすると、ペンの太さのメニューがでてきます。ここで太さを設定できます。


2-2 テキスト文字

テキスト文字を入力するときは、「T」のアイコンをタップします。

Tアイコンの列にある画像①をタップすると、フォントメニューBOXがでてきます。下にスクロールすると、たくさんのフォントの種類がでてくるので、好きなのをタップしてください。

Tアイコンの列にある画像②を2回タップすると、テキストサイズ設定BOXがでてきます。ここでサイズ調整ができます。

Tアイコンの列にある画像③を2回タップすると、段落設定BOXがでてきます。段落を設定する場合はここからできます。


テキストカラーを変更したい時はTアイコンの列の画像④を2回タップします。テキストカラーBOXが出てきます。テキストカラーBOXの下の方に「プリセット」と「カスタム」のタブがあります。プリセットで好きなカラーがない場合は、カスタムに切り替えてください。

テキストのまわりをBOXのように装飾をしたい時は、Tアイコンの列の画像⑤を2回タップします。テキストボックスの設定メニューBOXがでてきます。下の方に「プリセット」と「詳細」のタブがあります。細かく設定する場合は「詳細」の方で設定できます。


各種設定したテキストスタイルをデフォルトとして使用したい場合は、各種設定後、右端の「T」マークをタップし、「デフォルトとして保存」をタップします。


入力後の文字をタップすると「カット」「コピー」「削除」「編集」「コメントを追加」のメニューがでてくるので、各種変更ができます。


3.蛍光ペン、消しゴム、図形

3−1 蛍光ペン

左から4番目の蛍光ペンのアイコンをタップします。

蛍光ペンのカラーを変更する場合は、蛍光ペンのアイコンの列にある画像①(まるい色マーク3個)の、どれかひとつ同じ色を2回タップします。蛍光ペンのカラーBOXがでてきます。BOXの下の方に、「プリセット」と「カスタム」のタブがあるので、お好みで選んで、好きな色をタップします。

蛍光ペンの太さを変更する場合は、蛍光ペンのアイコンの列にある画像②のどれか同じものを2回タップすると、蛍光ペンの太さの設定ができます。

真っ直ぐな線をひきたい場合は、Apple Pencilで線をひいた後すこし止めていると、自動で真っ直ぐな線が書けます。


3−2 消しゴム

左から3番目の「消しゴム」のアイコンをタップします。もう一度タップすると、消しゴム設定メニューBOXがでてきます。ここで設定できます。

文字の大きさによって、消しゴムの大きさも選べます。(青い四角のところで選択できます。)

消しゴムで消せるのは、「手書き文字」と「蛍光ペン」と「図形」です。


3−3 図形

左から5番目の「図形」アイコンをタップします。もう一度タップすると、図形の設定メニューBOXがでてきます。ここで塗りつぶし有・無の設定などができます。

図形の色や太さの設定方法は、蛍光ペンと同じやり方です。

適当に◯や△を書いても、自動で綺麗な◯や△になります。


4. 画像の入れ方、画像切抜き機能

4−1 画像の入れ方

左から8番目のアイコンをタップします。もう一度タップするとカメラロールが表示されます。好きな画像をタップします。


画像が取り込まれました。

❌印で削除できます。

青い矢印のところで、サイズ調整ができます。


4−2 画像切抜き機能

画像の切抜き機能は2種類有ります。

四角に切抜くやり方(画像①)と、好きな形に切抜くやり方(画像②)があります。

途中までは同じ作業です。


画像を取り込んだら、下記画像のところをタップします。


「トリミング」をタップします。


ここから、画像を「四角に切抜くやり方」と「好きな形に切抜くやり方」とわかれます。

下の方に「Rectangle」と「Freehand」とあります。

「Rectangle」は、四角に切抜くときにタップします。

「Freehand」は、好きな形に切抜くときにタップします。

まずは、「Rectangle」の四角に切抜くやり方から説明します。

①「Rectangle」をタップします。

②青い◯でサイズ調整をします。

③サイズ調整できたら「完了」をタップします。


こんな感じで切り取りました。

❌印をタップすると削除できます。 右下の◯の中に矢印が書いてあるマークでサイズ調整ができます。


出来上がりです。


次は「Freehand」で、好きな形に切抜くやり方を説明します。

①「Freehand」をタップします。

②Apple Pencilで、切抜きたい形を囲みます。緑色で表示されます。

③「完了」をタップします。


切り抜かれました。

❌マークで削除ができます。右下の◯の中に矢印が書いてあるマークでサイズ調整ができます。


こんな感じで切抜きました。


5. スタンプ機能、オリジナルスタンプ登録

左から7番目のアイコンをタップします。もう一度タップすると、スタンプBOXが表示されます。

赤い四角で囲まれたところをタップすると、たくさんのスタンプがでてくるので、お試しください。


オリジナルスタンプを登録する方法

カメラロールに入っている画像を、スタンプBOXのメニューに追加する方法を紹介します。

今回は「GoodNotes5」のアイコンをスタンプBOXのメニューに追加します。

下の方にある「+」マークをタップします。「+」マークが見えてない時は、左にスワイプして表示させます。


①タイトルを入力します。今回は「GoodNotes5」と入力します。

②「写真を追加」をタップします。


①カメラロールが表示されます。好きな画像をタップします。

②「追加」をタップします。


「作成」をタップします。


スタンプツールの中に追加されました。良く使う画像などをスタンプとして登録しておくと便利です。


6. なげなわツールの使い方

左から6番目のアイコンをタップします。

編集したい文字や画像を囲みます。囲んだ内側をタップすると編集メニュが表示されます。

「カット」「コピー」「削除」「サイズ変更」「カラー」「スクリーンショットを撮る」「要素を追加」の編集ができます。

また、移動ツールとして使うことができます。移動させたい文字や画像を囲んで、移動したい場所までスライドさせます。文字や画像が移動します。

文字や画像全体を囲まなくても、一部を囲んであれば全体が編集対象になります。


7. ページを追加・削除する方法

ページを追加する方法

画像①をタップすると、メニューが表示されます。

現在のページの後ろに入れる場合は、画像②「後に」をタップします。

現在のテンプレートと同じ形式の用紙を選びたい場合は、画像③「現在のテンプレート」をタップします。


現在のテンプレート以外を追加したい場合は下記①〜⑤のどれかから選べます。

①別のテンプレートにしたい場合は「テンプレートからその他の・・・」をタップします。

②カメラロールから画像を追加したい場合は「イメージ」をタップします。

③紙等の書類をスキャンして追加したい場合は「スキャン書類」をタップします。

④これから写真を撮って追加したい場合は「写真を撮る」をタップします。

⑤iCloudなどのファイルから追加したい場合は「読み込む」をタップします。


ページを削除する方法

①削除したいページを表示させます。右上にある「・・・」(画像①)をタップすると、メニューが表示されます。

②「ページをゴミ箱に移動」をタップします。


「ゴミ箱」をタップします。


8. 書き出し方法

画像①をタップします。

メニューが表示されます。「このページを書き出す」をタップします。


①「イメージ」をタップします。

②「書き出す」をタップします。


「画像を保存」をタップします。

カメラロールに保存されました。


補足として、GoodNote5は自動保存されます。

これで、GoodNotesの基本編は終わりです。また別の使い方も紹介しますので、よかったら見てください。

iPadユーザーであれば、GoodNotes5はマストアイテムになると思います。無料版もでているので、よかったら使ってみてください。

最後まで読んで頂いて有難うございます!

他にもたくさんの神アプリを紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA