「VOUN」額装加工アプリ!お洒落な額縁がたくさんあります。個展が出来ちゃうよ! SNSに投稿しよう!!!

「VOUN」額装加工アプリを紹介します。お洒落な額縁がたくさん用意されていて、スマホの中の写真を額縁に入れられるアプリです。

とっても簡単に素敵な額装写真ができます。個展みたいです!

今回は無料で出来る範囲の使いかたを紹介をします。(有料枠だと選べる額などが増えます。)

iPhone、iPadでも利用できますが、iPadだとスマホサイズの画面になります。使いかたは、どちらとも同じです。

ここ↓からダウンロードできます。

「VOUN」アプリ

こんな感じで、色々なタイプの額装加工ができます。

見ずらいですが、「サイン」を入れることもできます。面白いアプリですよね!


「VOUN」アプリの使い方

1. はじめの作業(共通)

Appストアで「VOUN」アプリをダウンロードしたら立ち上げます。

「+」をタップします。


①カメラロールがでてくるので、好きな写真をタップします。

②「Next」をタップします。


2. 「Frames」フレームを選択

はじめは「Frames」が選択されています。画面下に、たくさんのフレームが表示されます。(左にスワイプすると色々な種類のフレームが表示されます。)タップしたフレームが、プレビューとして表示されるので確認しながら選択できます。好きなフレームをタップします。


先ほどタップしたフレームを、もう一度タップします。


各種カスタマイズできます。

画像①→フレームの大きさ変更、画像②→陰の調整、画像③→明るさ調整、画像④→反射の調整ができます。


下にスクロールします。

画像⑤はフレームの色を選択できます。

画像⑥は背景の色を選択できます。画像⑥と⑦が同一色だと背景色は単一色ですが、⑥と⑦の色が違うとグラデーションになります。


下にスクロールします。

画像⑧はグラデーションの入る位置を調整できます。

画像⑨はグラデーション輝度こう配を調整できます。

設定が完了したら、画像⑩をタップします。


3. 「Filters」フィルターを選択

「Filters」をタップするとフィルターが表示されます。左にスワイプすると、たくさんのフィルターが用意されています。好きなのがあったらタップします。フィルターをかけない時は、一番左の黒い「None」をタップします。


上記でタップした場所と同じところをタップすると、各種設定ができます。

画像①→フレームの大きさ変更、画像②→陰の調整、画像③→明るさ調整、画像④→反射の調整、画像→⑤はフレームの色を選択できます。

画像⑥は背景の色を選択できます。画像⑥と⑦が同一色だと背景色は単一色ですが、⑥と⑦の色が違うとグラデーションになります。

画像⑧→はグラデーションの入る位置、画像⑨→グラデーション輝度こう配を調整できます。

設定が完了したら、画像⑩をタップします。


4. 「Colors」カラーを選択

「Colors」をタップすると、背景と額縁の色の種類がたくさん表示されます。

自動で写真と合う色が表示されます。なので写真によって、表示される色は違います。好きなのがあったらタップします。


上記でタップした場所と同じところをタップすると、各種設定ができます。

画像①→フレームの大きさ変更、画像②→陰の調整、画像③→明るさ調整、画像④→反射の調整、画像→⑤はフレームの色を選択できます。

画像⑥は背景の色を選択できます。画像⑥と⑦が同一色だと背景色は単一色ですが、⑥と⑦の色が違うとグラデーションになります。

画像⑧→はグラデーションの入る位置、画像⑨→グラデーション輝度こう配を調整できます。

設定が完了したら、画像⑩をタップします。


5. 「Walls」壁の種類を選択

「Walls」をタップすると、色々な種類の壁が表示されます。好きなのがあったらタップします。


上記でタップした場所と同じところをタップすると、各種設定ができます。

画像①→フレームの色変更、画像②→フレームの大きさ変更、画像③→陰の調整、画像④→明るさ調整、画像⑤→反射の調整ができます。

設定が完了したら、画像⑥をタップします。


6. 「Edit」色調や影などの調整

「Edit」をタップします。


色調調整や陰の調整ができます。下にスクロールすると、画像の上下左右反転などもできます。


出来たら、下記画像のところをタップします。


7.「Matte」写真を〇や🔲に切抜き 

「Matte」をタップします。◯や⬜︎が表示されます。◯をタップすると、写真が丸く切り抜かれます。


上記でタップした場所と同じところをタップすると、各種設定ができます。

画像1→まるく切抜かれた写真のサイズ変更、画像2→まるく切抜かれた写真以外の背景色の設定

画像3→フレームの大きさ変更、画像4→陰の調整、画像5→明るさ調整、画像6→反射の調整

画像→7はフレームの色、画像8→は背景の色、画像8と9が同一色だと背景色は単一色なり、8と9の色が違うとグラデーションになります。

画像10→はグラデーションの入る位置、画像11→グラデーション輝度こう配を調整できます。

設定が完了したら、画像12をタップします。


8. 「Signature」サインをいれられる

「Signature」をタップします。

 


自分のサインを入れることができます。

画像①のところに、サインを書きます。

画像②でサインの入れる場所を決めます。入れられる場所は四隅です。画像②をタップする毎に、サインの場所が移動します。

画像③でサインの色を選択できます。

画像④でペンの太さを選択できます。3種類の太さがあり、画像④をタップする毎に変わります。

画像⑤をタップすると、サインが削除されます。


9. 保存方法

編集が完了したら、右上の「Save」をタップします。


①画像のサイズをどちらか選択できます。今回は「Medium 3024×3024」をタップしました。(他のサイズは有料になります。)

②「Save To camera Roll」をタップします。カメラロールに保存されます。


「Restart」をタップすると、リセットされ、はじめの画面に戻ります。


すごく簡単に額装加工ができます。しかも無料枠で、出来ることが沢山あります。

良かったら、お試ししてみてください。

最後まで、読んで頂いて有難うございます。

他にもたくさんの神アプリを紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA