「Widgetsmith」iPhone、iPadのホーム画面を可愛くカスタマイズできる無料アプリ!!! 

「Widgetsmith」アプリを紹介します。

iPhoneは、iOs14以降、ホーム画面でウィジェットを使えるようになりました。その「ウィジェット」を可愛くデザインするアプリが「Widgetsmith」です。

「Widgetsmith」アプリは、一部機能は有料ですが、無料枠でお洒落なホーム画面ができます!

お勧めアプリなので、良かったら使ってみてください!

こちらから↓ダウンロードできます!

Widgetsmithアプリ

↓こんな感じのホーム画面を作ります。今回はiPhoneで紹介します!(iPadも同じやり方です。)

Widgetsmithアプリで、可愛いウィジェットを作ります!

ウィジェットの中には、アプリを入れることができます。上もしくは下にスワイプすると、中に入っているアプリが見れ、タップするとアプリが開きます。

わたしは、PayPayを頻繁に使っています。でもアイコンが可愛くないので、ウィジェットの中に隠してあります。使う時は、ウィジェットを上もしくは下にスワイプしてタップすると、すぐ表示されます。通常画面の時は、可愛いデザインのウィジェットが表示されているので、すごく気に入っています。

超お勧めアプリです!


1. Widgetsmithアプリの使い方

はじめに、ウィジェットには3種類の大きさがあります。


Appストアで「Widgetsmith」をダウンロードしたら立ち上げます。

下記画面になります。デザインしたいサイズをタップします。

今回はMediumサイズを作るので、下記画像のところをタップします。

(2つ目以降、デザインを作る時は、「Add Small Widget」(青い文字)をタップします。)


「Style」タブが表示されます。下にスクロールすると、たくさんのデザインがでてきます。この他にも、たくさんのデザインがあります。


Styleは、「Date」タイプにするので、下記画像のところをタップします。

次は「Aesthetic/Theme」の設定をするので、下の方にある「Aesthetic/Theme」をタップします。


下にスクロールすると、色々なデザインがでてきます。

今回は、フォントや背景など、カスタマイズしたいので、「Customize Theme」をタップします。


「Font」タブがでてきます。好きなフォントをタップします。

次に、文字や数字の色を設定するので、「Tint Color」をタップします。

(下の方に、各種設定するタブがでてるので、設定したい項目をタップして、それぞれ選択していきます。)


文字や数字の色設定をします。好きなタイプをタップします。

次に、背景を設定するので「Background Color」をタップします。


Background Colorは、「Cherry」にしたいので、下記画像のところをタップします。

次に、画面下の方にある「Border Color」をタップします。.


Border Colorは、ない方が良さそうなので、「None」にします。

Artworkは、有料なので、設定はしないです。

設定完了したら、右上の「Save」をタップします。


「Apply to This Widget Only」をタップします。

「Update Theme Everywhere」をタップすると、作成した全てのウィジェットに変更が適用されます。


「Back」をタップします。


「Save」をタップします。


Medium#1として保存されました。


Mediumサイズを、もう1つ同じ感じで作ります。

2つ目以降は、「Add Medium Widget」をタップします。後は、前回と同じように作っていきます。


前回と同じ感じで2つ目を作りました。「Medium#2」として保存されます。

ここで、このアプリは閉じます。次は、iPhone本体のウィジェット設定作業になります。


ウィジェットでの設定方法

携帯の対応機種は、iPhoneのiOs14以降になります。

ホーム画面で、右にスワイプすると、下記画面になるので「編集」をタップします。


「+」をタップします。


下にスクロールしていくと、「Widgetsmith」アプリがでてくるのでタップします。


Smallサイズが初めにでてくるので、左にスワイプします。

Mediumサイズがでてくるので、下の方にある「ウィジェットを追加」をタップします。


画面にウィジェットが追加されました。違うデザインに変えたいので、追加されたウィジェットをタップします。


「Medium#2」をタップします。

「Medium#1」のデザインにしたいので、「Medium#1」をタップします。


画面の黒いところ、どこでも良いのでタップすると、デザインは変更しました。


次に、デザインしたウィジェットの中に、アプリを入れる設定をします。

今回はKindleアプリを入れます。(皆さんは、既にダウンロード済みの好きなアプリで対応してください。)

「+」をタップします。アプリがでてきます。今回は、Kindleアプリをタップします。


Smallサイズがでてくるので、左にスワイプします。Mediumサイズがでてきたら、「ウィジェットを追加」をタップします。


Kindleが追加されました。

次に、Kindleを長押しして先ほど作ったウィジェットの上に重ねます。


ウィジェットの画面を指で、上もしくは下にスワイプすると順番が入れ替わります。

他のアプリも、同じように重ねて入れることができます。


ウィジェットを長押しして、押しながら右にスワイプさせて、ホーム画面に移動させます。

右上の「完了」ボタンをタップします。

こんな感じで、他のサイズのウィジェットとかも作ってみてください。

Smallサイズも作ってみました。完成画像です。

オリジナルっぽいホーム画面が簡単に、しかも無料でできます!

良かったら、お試ししてください。

最後まで読んで頂いて有難うございます!

他にもたくさんの神アプリを紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA