よく連絡するLINE相手のトーク画面をワンタップで開く方法を紹介します!超時短になります。

友達に連絡する時はもちろん、仕事での連絡方法もLINEを使うことが多々あると思います。なのでLINE友達も年々増えていきますよね。そうなると送信したいLINE相手のトーク画面を探すのに結構手間がかかります。そんな時に便利な方法を紹介します。

よくLINEする相手を、iPhoneのホーム画面にウィジェット表示しておくと、ワンタップでトーク画面を開くことができます。ウィジェットの大きさは2パターンから選べます。大きいサイズは4人まで設定できます。小さいサイズは1人てす。

それでは使い方を紹介します!

iPhoneの画面の何もないところを長押しします。

「+」をタップします。

検索バーに「LINE」と入力します。

LINEのアイコンをタップします。

小さいサイズのウィジェットが表示されます。小さいサイズのウィジェットは1人設定できます。左方向にスワイプします。

大きいサイズのウィジェットが表示されます。大きいサイズのウィジェットは4名まで設定できます。さらに左方向にスワイプします。

LINEニュースもウィジェット設定できます。今回は大きいサイズのトークショットカットをウィジェットに追加したいので、右方向にスワイプします。

「+ウィジェットを追加」をタップします。

iPhoneのホーム画面に追加されました。追加されたウィジェットを長押しします。

「ウィジェットを編集」をタップします。

「ピン留め」をタップします。

「その他」をタップします。

「未設定」が4個あります。4名まで設定できます。

1人目を設定します。「未設定」をタップします。

設定したいLINE相手をタップします。

ひとり追加されました。

「未設定」をタップして同じように2人目を設定していきます。

1〜4名まで設定したら、画面の何もないところをタップします。

下記画像のように、LINEトークショートカットのウィジェットが設定されました。

よくLINEで連絡する相手を設定しておくと、LINEのトーク画面を探さなくて良いので、時短になります。使ってみると凄く便利なので良かったら設定してみてください。最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA