テザリング機能を使えば「Wi-FiモデルのiPad」一択でOK!iPhoneをルーターにして「iPad」をインターネット通信できます。

iPad新製品、今年の秋もでましたね!iPad買う時「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」かで悩みませんか?特に外出先で使う人は悩みどころだと思います。「Wi-Fiモデル」だと外出先でWi-Fi環境がない場合は、ポケットWi-Fiが必要です。私も今までポケットWi-Fiを契約していました。最近やっと「テザリング機能」というものを知り、ポケットWi-Fiは解約しました。テザリング機能を使えばiPadは「Wi-Fiモデル」でOKです!今回はauのテザリング方法を紹介します。(他の会社でも、流れはだいたい同じです。)

1.テザリング機能とは

テザリング機能とは、スマホに内臓しているSIMカードをモバイルルーターのかわりにして外部機器(iPad・パソコン・ゲーム機)に接続することでインターネットを利用できる機能です。簡単にいうと、スマホをルーターにして、別の端末でインターネット通信をすることです。スマホの電波を受信できるところなら何処でも使えます。

2.テザリング機能のやり方

2−1 契約中のキャリアに申し込む

テザリング機能を使う時は、契約中のキャリアによって申し込みの有無などがあります。docomoは不要ですがauとSoftBankは申し込みが必要です。私はauなのでauショップで申し込みをしてきました。定員さんが言うには、大容量のデータ通信プランに入っている人は向いているけど、データ使用量に制限があるプランの人は通信速度制限になったり、高額になる場合があるそうです。テザリングを使う前に、ご自身がどの契約プランで、どのくらい使用するか確認してみてください。

2−2 iPhoneでの設定

申し込みが完了したら、iPhoneの設定をします。「設定」をタップします。

「インターネット共有」をタップします。

「ほかの人の接続を許可」をタップしてオンにします。(緑色になります。)

iPhoneの設定で、Wi-FiとBluetoothがオフの場合は、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」と「USBのみ」と表示されます。「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップしてください。既に設定がオンの場合は表示されません。Wi-Fi接続の際の「ネットワーク名(SSID)」と「暗号化キー(パスワード)」は下記画像のところに表示されています。

暗号化キー(パスワード)を変更したい場合は「Wi-Fiのパスワード」をタップします。

「パスワード」の横に、半角英数字で8文字以上で入力します。

「完了」をタップします。

これでiPhoneの設定は完了です。あとは、繋げたい機器の方でWi-Fiを接続するのと同じように設定すれば大丈夫です。

2−3 メリット、デメリット

テザリングのメリット

  • 荷物が増えない
  • ポケットWi-Fiを契約する必要がない

なんといっても、荷物が増えないことです!以前はポケットWi-Fiを持っていましたが、家に置いてきてしまったり、充電を忘れたり・・・と結構やらかしてました。

そもそもポケットWi-Fiを契約する必要がないです。テザリング機能を知ってからポケットWi-Fiを解約したので節約にもなりました。あと、ポケットWi-Fiは場所によって通信が遅いことが結構あった気がします。

テザリングのデメリット

  • バッテリーの消耗がはやい
  • データ通信量に注意が必要

テザリングに使用しているスマホのバッテリーの消耗がはやいです。テザリング中は、接続した機器にWi-Fiを飛ばしながら、スマホの通信も行っています。常に稼働しているので、どうしてもスマホ側の負担が大きくなってしまいます。心配な場合はモバイルバッテリーも一緒に持っておくと安心です。

テザリングはスマホを介してインターネットに接続するため、スマホのデータ通信量を消費します。データ使用量に制限があるプランの人は通信速度制限になったり、高額になる場合があるので気をつけてください。

人によってテザリングが良い悪いは違いますが、私にとって凄く便利な機能だったので紹介しました。最後まで読んで頂いて有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA