「Mockview」アプリ紹介!iMac、MacBook、iPad、iPhone、Apple Watchのリアル画像に、自分の好きな写真を簡単に埋め込めるアプリです!

「Mockview」アプリを紹介します!iMac、MacBook、iPad、iPhone、Apple watchのリアル画像に、自分の好きな写真を簡単に埋め込めるアプリです。モデルや色も選べます。厳選されますが3D画像にもできます。デバイスがリアル画像なのでクオリティーが高い画像に仕上がります!無料でお試しできるので良かったらダウンロードしてみて下さい。(iPhone、iPadともに対応しています。)

「iPhone」と「iPad」のモックアップ画像です。
「Apple watch」と「MacBook」のモックアップ画像です。
Apple Watchの3D画像です。
Mac Bookの3D画像です。

ここ↓から、アプリをダウンロードできます。

「Mockview」アプリ

Instagram↓はここからです!


「Mockview」の使い方紹介!

モックアップ画像

今回は「iPhone」のモックアップを例にして「Mockview」アプリの使い方を紹介します。他のデバイス(MacBook、iPad、Apple Watch)のモックアップを作る時も、ほとんど同じなので省略します。アプリをダウンロードしたら立上げます。下記画像の矢印のアイコンをタップします。

iPhoneのアイコンをタップします。中央がプレビュー画面になっているので、iPhone画像になります。ちなみに、iPhone以外のデバイス(MacBook、iPad、Apple Watch)でモックアップを作る場合は下記右側の画像の矢印のところで好きなデバイスを選択します。

次に、iPhoneのモデルを選びます。下記左側の画像の矢印のところをタップすると、4種類のモデルが表示されます。好きなのをタップします。今回は「iPhone13」をタップします。

iPhone画像の向きを横にしたい場合は、下記左側画像の矢印のアイコンをタップすると横向きになります。今回は縦向きにします。

次に色を選びます。下記左側画像の矢印のアイコンをタップします。色の種類が表示されるので好きな色をタップします。中央のiPhone画像もタップした色にかわるので確認しながら選択できます。今回は「Gold」をタップします。色が確定できたら、「✖︎」マークをタップします。

次にiPhoneの画像の中に写真を埋め込みます。iPhoneの画像をどこでもよいのでタップすると、カメラロールが表示されます。好きな画像をタップします。

iPhoneの画像に先ほど選んだ画像が埋め込まれました。「Fit」が選択されていると上下に黒い余白が出ます。「Fit」をタップすると別の選択肢が表示されます。「Fill」をタップすると余白がなくなります。確定したら「✖︎」マークをタップします。

画像が確定したら「 Next」をタップしたら、次に「Download」をタップします。

カメラロールに保存されました。下記左側の画像が表示されます。Google翻訳で訳してみると、右側の画像の日本語訳になりました。「120円」「250円」「730円」のチップをおくる事ができるようです。チップをおくらない時は「✖︎」マークをタップしてアプリを閉じます。

3Dモックアップ画像

3Dモックアップの使い方を紹介します。下記画像のアイコンをタップします。

画面のどこでもよいのでタップします。

カメラロールが表示されます。好きな画像をタップします。

次に、デバイスを選択します。下記左側の画像の矢印のマークをタップすると、デバイスの種類が表示されます。左にスワイプすると更に表示されます。(iPhone13、iPhone13Pro、iPhone12、iPhone SE、iPad mini、iPad mini(pencil)、iPad、Mac Book16 2021、MacBook13、MacBook Air、iMac2021、Apple watch S7、Apple watch SE)今回は「iMac2021」を選択します。「iMac2021」をタップしたら「✖︎」マークをタップします。

iMacのデバイスの中に、ワンちゃんの画像が埋め込まれました。下記左側の画像のように「Fit」が選択されていると黒い余白ができてしまうので、「Fit」をタップすると、別の選択肢が表示されます。「Fill」をタップすると、画像が全体に綺麗に表示されます。

3D画像なので、画面を指で動かして好きな角度を決めて下さい。

次に画像をカメラロールに保存します。下記画像の矢印のところのマークをタップします。

カメラロールに保存されました。下記左側の画像が表示されます。Google翻訳で訳してみると、右側の画像の日本語訳になりました。「120円」「250円」「730円」のチップをおくる事ができるようです。チップをおくらない時は「✖︎」マークをタップしてアプリを閉じます。

以上が「Mockview」アプリの紹介でした。簡単にApple製品のモックアップ画像を作ることができます。良かったら、お試ししてみて下さい。最後まで読んで頂いて有難うございます。

他にも沢山のアプリを紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA