Apple純正「ファイル」アプリ! iCloud Driveはもちろん、他社製のDropbox、OneDriveなど複数のクラウドストレージサービスをまとめて一元管理できます。

iOS11から搭載されたApple純正「ファイル」アプリのいちばんの魅力は、複数のクラウドストレージサービスのファイルをまとめて一元管理できることです。また、Mac・iPad・iPhoneの端末すべてが、同じApple IDを使ってサインインしていれば、どの端末からもアクセスできます。

Apple純正「ファイル」アプリの基本的な使い方や機能を紹介します。

(iPadを使って紹介していきますが、 iPhoneでも、ほぼ同じやり方です。)

1. デバイス内外のデータやファイルを一元管理

1-1 表示説明

iCloud DriveやiPad内のデータやファイルはもちろん、Dropbox、OneDrive など他社のクラウドストレージサービスも「ファイル」アプリで一元管理ができます。


例えば「iCloud Drive」の中のデータをみたい時は、「場所」のランで「iCloud Drive」をタップすると右側に「iCloud Drive」の中のデータが表示されます。


1-2 他社のクラウドストレージサービス追加方法

「OneDrive」、「Dropbox」、「Google Drive」などのアプリがインストールされてある前提で説明します。

初期は「iCloud Drive」と「このiPad内」だけが表示されています。

下記画像の赤い矢印のところをタップします。


「サイドバーを編集」をタップします。


画像①のように、左側に対象のクラウドストレージサービスが表示されます。

画像②のように、追加したいクラウドストレージサービスをタップしてONにします。(緑色がONの状態です。)


追加されました。


2. 基本的な使い方

2−1 新規フォルダの作成

新規フォルダを作成する時は、右上の「フォルダ」アイコン(画像①)をタップすると、画像②のように新規フォルダが表示されます。(この時、フォルダ名を変更できます。)


2−2 各種変更方法

編集したい「フォルダ」を長押しすると、下記画像のようにメニューが表示されます。ここで、各種変更等ができます。知っていると便利な機能だけ説明します。

「名称変更」「圧縮」「複製」「タグ」「よく使う項目に追加」

「移動」「共有」「新規ウインドウで開く」「削除」


「名称変更」

フォルダの名前を変更したい時に使う機能です。

変更したいフォルダを長押しするとメニューが表示されます。「名称変更」をタップします。


編集モードになるので、新規名前を入力します。


「圧縮」

メールなどで、送るデータが多い時は、フォルダを圧縮して、Zipファイルにしてから添付します。そんな圧縮Zipファイルのやり方を説明します。

圧縮したいフォルダを長押しします。メニューが表示されるので「圧縮」をタップします。


「Zip」ファイルができました。

逆に、Zipファイルを解凍する時は、「Zipファイル」をタップするだけで、通常のフォルダが表示されます。


「複製」

同じフォルダを複製したい時に使う機能です。

複製したいフォルダを長押しメニュー表示がでたら「複製」をタップします。


フォルダが複製されました。


「タグ」

タグは、フォルダをタグで分類したい時に便利です。タグ付したフォルダをすぐ探すことができます。

例えば、下記画像のフォルダで、「サンプル1」と「サンプル2」があります。これを同じタグをつけて分類したい時は、

「サンプル1」のフォルダを長押しして「タグ」をタップします。


レッドやオレンジなど用意されていますが、今回は、「新規タグを追加」をタップします。


画像①のように名前をつけます。今回は「サンプル」としました。

画像②色を選択します。今回は黄色にしました。

画像③「完了」をタップします。


「サンプルのタグ」ができました。下記画像の青〇のところにレ点が入っているのを確認したら、タグのメニュー表示以外の画面をタップします。


①サンプル1のフォルダがタグ付されました。

②サンプル2のフォルダもタグ付するので、長押しします。


メニューが表示されるので「タグ」をタップします。


先ほど作成した「サンプル」のタグをタップします。

タグのメニュー表示以外の画面をタップします。


「サンプル1」と「サンプル2」のフォルダが「サンプル」タグにタグ付されました。


左側の「サンプル」タグをタップすると、タグ付したフォルダが表示されます。


「よく使う項目に追加」

左側に「よく使う項目」があります。ここに追加すると、フォルダがすぐ見つかります。

追加方法を説明します。

①今回は「ダウンロード」フォルダを「よく使う項目」に追加します。「ダウンロード」フォルダを長押しするとメニューが表示されます。

②「よく使う項目に追加」をタップします。


「ダウンロード」ファイルが追加されました。


「移動」

フォルダを移動したい時に使う機能です。

移動したいフォルダを長押しすると、メニューが表示されます。「移動」をタップします。


①移動したい場所をタップします。

②右上の赤◯のところをタップすると、移動します。


「共有」

「共有」機能を使うと、メールアプリに移動しなくても、直接メール送信できたり、別のアプリで開くこともできます。

共有したいデータを長押しします。メニューが表示されるので「共有」をタップします。


メールや色々なアプリが表示されます。ここから直接、次のアクションに移れます。


「新規ウインドウで開く」

フォルダを別のウインドウで開きたい時に使う機能です。

別のウインドウで開きたいフォルダを長押しすると、メニューが表示されます。「新規ウインドウで開く」をタップします。


右側に別のウインドウで開きます。


「削除」

削除したい時に使います。

削除したいフォルダを長押しすると、メニューが表示されます。「削除」をタップします。

削除されます。


まだ「ファイル」アプリを使ってない人は、是非使ってみてください。効率UPします!

最後まで、読んで頂きまして有難うございます。

他にもたくさんの神アプリを紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA