iOS 16新機能「写真の被写体を簡単に切り抜く方法」を紹介します。めちゃくちゃ便利です!

iPhoneユーザーの皆さん、iOS 16にアップデートはしましたか? iOS16になってから、カメラロール内の画像の被写体を簡単に切り抜くことが出来るようになったので紹介します。めちゃくちゃ便利なので良かったら最後まで見て頂けると嬉しいです。

Instagramでの紹介は、こちらからです↓

iOS 16にアップデートされいるか確認

まずはiPhoneがiOS 16にアップデートされているか確認します。確認方法は、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で確認できます。

「iOS 16.0.2 iOS は最新です」と表示されていれば大丈夫です。まだの人はアップデートしてください。

画像の被写体を切り抜く方法

写真の被写体を切り抜く方法を紹介します。どんどん便利になっていきますね。はじめに「写真」アプリをタップします。

マイアルバムの「最近の項目」をタップします。

好きな写真をタップします。

先程タップした写真が表示されます。切り抜きたい被写体を指で長押しします。今回は、パスタを切り抜きたいので、パスタを長押しします。

長押しすると、切り抜かれる被写体の境界が一瞬光ったように見えます。(写真だとわからないですが…)そしたら指を離します。すると「コピー」「共有」と表示されます。

「共有」をタップします。

「共有」画面が表示されます。LINEやメールのアプリをタップすると、そのまま切り抜き画像を送信することが出来ます。

上方向にスクロールします。

保存する時は、「画像を保存」をタップします。今回は、Apple純正アプリの「メモ」アプリに切り抜き画像を添付します。「新規クイックメモに追加」をタップします。

「メモ」アプリに添付されました。後は「メモアプリ」で文字などを付け加えて、色々アレンジしていきます。

切り抜いた境界の処理は、少しあまいですが、ちょっと使う分には、充分な機能です。アプリ無しで切り抜きできるので簡単です。良かったら、お試ししてみて下さい。最後まで読んで頂き有難うございます。

他にも沢山のアプリを紹介しています!良かったらクリックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA